プエラリア 副作用 癌

プエラリアサプリを試してから、生理と生理の間に不正出血があり、その度に子宮がんではないかと産婦人科で検査をしてもらいました。年に1回は必ずあったと思います。検査結果がでるまでにかなりの期間があり、その間ずっと不安でした。いつも「異常なし」の通知がくるたびにホッとしていました。
私は閉経がかなり早く、50歳になる直前のものが最後で、その後はありませんでした。けれどもその1年後にまた1週間近い出血があったのです。

 

若いころの不正出血は1〜2日程度でしたが、こんなに長く続く出血ははじめてだったので、今度こそがんだと覚悟しました。そして、おそらく悲愴な表情をして再び産婦人科に行き、検査をしてもらいました。

 

ところが、その結果もまたどうもなかったのです。私は検査で見落とされているのではないかと思ったほどでした。先生がおっしゃるには、その出血も生理だったのですが万が一ってこともあるので検査は絶対に行くべきですね。

もしして子宮癌かも・・・と不正出血が起こると感じてしまう女性はとっても多いです。かなり不安になりますし、そのあいだ仕事に身が入らないとか、いろんな不安がよぎって情緒不安定になってしまうこともあるので早めに検査は言ったほうがいいですね。

 

無事癌ではなかったそうですが、いつもと違う感覚や症状は産婦人科で相談するようにしましょう。

 

プエラリアの影響で子宮内膜を増殖させる働きは持っていますし、さらには、もちろんバストサイズが大きくなるので、細胞分裂もそれにともない行われるので良性の乳腺疾患と共に乳がんの発症の可能性が高まってしまう可能性は十分にありますので、その部分は注意しないといけません。

 

女性ホルモンのバランスを保つことも重要

 

プエラリアの働きによりエストロゲンの量は増えてしまいますが、問題は量が増えてしまうことではなく、バランスが取れなくなってしまうことです。

 

実はプエラリアの副作用に悩んでいる人の多くがこの部分で悩んでしまっている状態になっています。

 

そのバランスを保つためには、プエラリアの飲むタイミングを見直し、そして成分としてはプラセンタを摂取していくことにあります。

 

参考記事
女性の一生と、プエラリアと女性ホルモンのかかわり!

 

 

これができれば意外に副作用がなく乗り切ることができますのでぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

プエラリアの副作用で生理不順とがんの恐怖
プエラリアの副作用で生理不順とがんの恐怖、気になる口コミを抜粋、副作用に悩まされないための方法