プエラリア 副作用 頭痛

バストアップサプリを飲んでから、おりものに血が混じり始めました。もう生理かと思い、体温表を見てみました。

 

けれども、生理が来るのは、下旬頃がほとんどです。そのため、日数的に数えてもまだ先のはずでした。

 

生理になると、生理痛が酷く、子宮を鷲掴みにされているような痛みに襲われます。また、さらに酷いと体がだるく、起きていられないこともあります。

 

しかし、今回はそういったこともなく、いつも通りです。おかしいなと思いつつ、様子をみることにしました。昨日も、トイレに行くと、血混じりのおりものが出ていました。
体温の変動もありません。

 

またかと思いトイレから出ました。

 

その束の間、何かが出た感じがしました。

 

再びトイレに戻ってみてみると、生理前と同じくらい出ているのです。元々、仕事が忙しくなったり、環境の変化などによって、血が混じることはありました。それからというもの、頭痛に悩まされ、歩くのもつらい状況になってしまったので今はサプリを飲むのをやめています。

プエラリアで頭痛になる人は多いです。ただ、頭痛はプエラリアと直接的な原因とはいいがたいです。低品質のプエラリアサプリの場合はほかの毒素を含んだ植物が混ざっている可能性があり、それが頭痛を引き起こす可能性があるのでしっかりとその部分は注意をしないといけません。
ちゃんと用量を守って服用していて、頭痛になった場合は不良品と考えても問題ないでしょう。

 

そして、プエラリアの質を測るものとして、最も参考になってくれるものが「認定ランク」と呼ばれるものです。

 

プエラリアを購入する際には、タイの原産国で認定されたランクを確認しAAAランクの最高ランクを受けているものからえらぶようにしましょう。

 

参考記事

知ってた?「プエラリアには認定ランクがある」ってこと!

 

そして、頭痛という場合、女性ホルモンのバランスをとることが重要になってきますが、これはプエラリアを摂取していなくとも、引き起こしてしまう可能性もありますので十分に注意したほうが良いといえるでしょう。

 

プエラリアで頭痛になるというよりも、血圧の低下や上昇なども考えてみるといいかもしれません。

 

もしかしてプエラリアの効きすぎ?

 

そしてもう一つ考えられることはプエラリアの効果が出すぎているケースです。

 

このような場合は特に若い年齢でおきがちで、過剰に、効果が出たり、副作用の症状がひどくなってしまうというケースです。

 

そんな時には、プエラリアの利用をしばらく控えてみる、それか、飲む量を減らす(毎日3回を1回)などして工夫して、自分に合った適量というものを見つけてみることをお勧めします。