プエラリア 副作用 頭痛

プエラリアを飲んで頭痛になる人は非常に多いです。
なんとなく、最初は風邪を引いたのかな?とか、少し熱っぽいと感じることが多いのですが、実は副作用だったということもあり、ひどくなってしまうこともありますのでそういった症状に気づくことはとっても大事です。

 

ただ、プエラリアが頭痛を引き起こしているとは考えにくい部分もあります。プエラリア以外の成分に毒素を持ったものが含まれていて、頭痛になっている場合もあるので、低品質のプエラリアサプリは使わないほうがいいです。

 

年齢が若いほど頭痛になりやすい

 

頭痛(プエラリアの副作用そのE)

 

年齢が若い、未成年や20代の場合は体が成分をよく吸収するので、その分効果も出やすいのですが、やっぱり副作用も大きくなってきてしまいます。

 

生理痛などが普段よりもひどく感じたり、それに伴う頭痛もひどくなってきてしまいます。ホルモンバランスの変調において、頭痛だけではなくほかにもいろんな問題を引き起こすことがあるので十分に注意していってくださいね。

 

もしも、こういった副作用が起きて普段よりもきつい、大変に感じてしまう場合はすぐに解決するようにしてくださいね。

 

プエラリアの摂取を控えたほうが良いケース

 

そしてプエラリアというものは、ただ飲むだけではなく、効果を出すにはタイミングというものを意識しておかないといけません。

 

逆に、タイミングが悪い場合には、副作用が出てしまう可能性もありますので、一度こちらに、プエラリアを飲まないほうがいいタイミングというものを書きましたのでぜひ参考にしてみてください。

 

・妊娠、授乳中
・20歳未満
・生理中
・ガンの治療中、ホルモン剤の服用中
・イソフラボンにアレルギー反応が出た人

 

まず、若い年代で、すでに女性ホルモンの量が多い状態い。

 

この状態でプエラリアを摂取してしまうとどうしても体内女性ホルモンの量というものは多すぎてしまうので問題を引き起こしてしまう可能性は高まります。

 

そいてイソフラボンに関してはアレルギーについて述べていますが、イソフラボンもエストロゲン(女性ホルモン)の効果を持っているので、普段から納豆や豆乳などの大豆製品を摂取しているのにプエラリアを摂取してしまうと副作用を引き起こしてしまうケースというものはどんどん増えていってしまうといえるでしょう。

 

プエラリアには質も大切ですが、飲むタイミングや時期、こういったものも絡んできますので十分に注意して取り組んでいってみるようにしてくださいね。

頭痛(プエラリアの副作用そのE)記事一覧

プエラリアの副作用で頭痛に!体のだるさについて

バストアップサプリを飲んでから、おりものに血が混じり始めました。もう生理かと思い、体温表を見てみました。けれども、生理が来るのは、下旬頃がほとんどです。そのため、日数的に数えてもまだ先のはずでした。生理になると、生理痛が酷く、子宮を鷲掴みにされているような痛みに襲われます。また、さらに酷いと体がだる...

≫続きを読む