プエラリア 副作用 自律神経失調症

出産後のあとにプエラリアを使ったとたん、不正出血が出続けたことがあります。年齢が年齢なので(30代後半)もう生理があがってしまう前兆なのかとビックリしてしまいました。 最初の日は、赤い血を見て生理が始まったのか?と思ってナプキンを使用していたら止まってしまい、このまま今月は来ないのだろうかと普通の下着を使っていたら出血して汚れてしまい…ずっとナプキンをしているとカブれてしまいますし、普通の下着の時に大出血してしまったら…と真剣に悩んでしまいました。 それよりも出血による貧血なのか、歩いていても高熱が出てるようなフラフラとした目眩が半月ほどずっと続いておさまりませんでした。いつか倒れてしまうのでは…と恐怖を感じてました。 何か大きな子宮の病気なのかと不安で余計にストレスをかかえてしまい、イライラして精神が不安定になり、一人の時に泣いてしまったりと逆に病気になってしまいそうでした。 その時は仕事が大変だったのでストレスが原因だったのかもしれません。とにかく一人で悩みを抱え込んでしまい、誰にも相談できなかったのです。そんな時期が続いて、病院に行くと診断されたのが自律神経失調症です。 本当に困ってしまって精神的にまいってしまったので、しばらくはプエラリアを利用するのはやめようと思っています。

自律神経がやられてしまうとかなり危険になってしまいますので木を付けないといけません。本当にストレスを感じるし、うつ病につながることもあります。もちろん仕事にも影響があるので安静にすることが大切になってきます。 ホルモンバランスの崩れは意外にストレスに影響を与えてしまうので注意することが必要です。 自律神経とホルモンバランスというものは交感神経と、副交感神経、女性ホルモンと男性ホルモンと同様に、バランスが大事で、この両方のバランスというものはかなり大切に考えないといけません。 特に現代のストレス社会では交感神経が優位になってしまうため、副交感神経は影をひそめてしまいます。

夜中に目が覚めてしまうことが多い

夜寝付くのに時間がかかる

心臓の鼓動が早い

リラックスしようと思ってもなかなかできない

このような症状が出てしまった場合にはしっかりと注意しておくことが重要だといえるでしょう。そうしたことを意識しておくことができれば、解決ができるようになりますのでしっかりと副交感神経を優位にする努力をするようにしましょう。 もちろん、簡単にはいかないものなのですが、リラックス成分を意識的に摂取したりすることも重要ですし、深呼吸の習慣を取り入れるなど「ちょっとした工夫」をするようにしましょう。

関連ページ

生理前の眠くなる強い眠気や寝れないPMS症状をプエラリアで改善!
プエラリアの副作用で生理前の眠くなる強い眠気や寝れないPMS症状をプエラリアで改善できる?